テレクラは出会いコーナーだけじゃない!

テレセや2ショットチャットでリアルセックスに持ち込む!

出会い系サイトやテレクラ出会いコーナーで簡単に確実に出会うのもいいのだが、出会いの場ではない場所で出会うことに快感を感じるようになってきたのである。桜前線は過ぎ去ってしまたが私の変態前線は異常なしだ。

 

まずはじめに、確実に出会いに繋がりそうなコンテンツを選ぶことが重要になってくる。チャット機能のついた無料ゲームサイトでも出会えるのだが、私の実力のなさ故に口説くのに時間がかかりすぎる。遠方に住んでいたら尚更会い辛い。

 

ここは近所の女性を検索できる、テレクラのテレフォンセックスコーナーやライブチャットで人妻を探すのが一番だ。何よりもエッチな行為をしたい願望で集まっているのでナンパにもっていきやすい。少しのコツがあるのだがコツさえつかめば簡単にテレセやツーショットチャットで人妻を口説くことができる。やはり人妻は総じてエロい!

 

私が口説く時に気を付けているのは

 

近所の人妻と電話する
相性が良いことをアピール
悩みや愚痴は全て聞かない

 

この3つに尽きる。

 

エッチしたい時はまず、近くに住んでいなければならない。東京に住んでいながら九州の人妻を口説いたとして、仮に仲良くなれたとしても出会うまでの期間、ずっと人妻の性欲を自分に向けておくための作業をしなければならない。困難がある方が俺は燃えるぜ!という方は良いが、板橋Zは股間が暴発してしまうのでその日に会ってその日にヤレる近場の人妻を求めてしまう。

 

そして、相性の良さであるが、これは人妻側に「この人となら、いいかな。」と思わせることが大切である。テレフォンセックスやライブチャットで数回やり取りをしている時に生まれる感情なので、はじめて対面した相手にはなかなか難しい。とにかく通って人妻が気持ちいいプレイを探し、攻めること。これを徹底するだけで急激に距離感を縮めてくる。人妻の性欲がムラムラ湧いてくるのがわかる。口説いていて一番楽しいと実感できる部分だ。

 

最後に欲求不満を解消したい人妻はは必ず旦那に対する愚痴りたい話題を持っている。男性と会話できる電話やチャットは専業主婦の恰好の愚痴り場だ。最初から愚痴はいいからセクロス電話しようぜ!ではアカンのである。まずは聞くこと。そして同調する。100%人妻の味方をする。男に対する愚痴なのでカチンと来ることもあるが、チンコは立たせても絶対に腹を立たせてはいけない。

 

「この人は話を聞いてくれる。また話したい。」と思わせる為に、愚痴話が終わる前に半ば強制的にエッチ電話につなげるのだ。一番良い方法はエア用事作戦。電話中に「やべっ!○時近いじゃん!明日仕事だし寝なきゃ!」といった感じで相手を焦らせる。すると「私が愚痴ったばっかりに、ごめんなさい!」と軽い罪悪感を与えることができる。この「限られた時間内で」というシチュエーションがエッチな気分を誘発してくれるのでかなり使える。

 

エッチな電話が終わった後のトークタイムで「楽しくて時間のこと考えてなかった!お話を最後まで聞けなくてごめんね。次回はゆっくり聞いて上げれるから。」など、愚痴を聞けなかったことを謝罪するとともに次回のアポをとるのだ。これで自然と好意的な気持ちを植え付けさせつつ誘えるのだ。

 

以上、板橋ザンギェフが考案したこれ以外はないであろうと思える鉄板極意だ。その後どうやって口説くのかって?それはまた次回詳しく説明することにする。

 

記事を書いていたらムラムラしてきたので一発テレセで口説いてくる。ではまた!

関連ページ

ご飯のお誘いにOKが出た時の気持ち
人妻をご飯に誘ったらOKをもらった!この時の人妻の気持ちとは!?
人妻と会える時間帯を検証してみた
有名なテレクラであるリンリンハウスに書かれている「時間別、女性攻略方」を実際に検証してみた。
35歳を過ぎた女がエロくなる理由
「最近エロくなってきた気がする。」35歳を過ぎた女性からよく聞くセリフである。何故女は35を過ぎるとエロくなるのであろうか。
夫が単身赴任中の人妻が食い時
出会い方を知らない人妻が実に不憫な件
ツーショットで口説く時の心構え
高齢化の波がエッチ電話の世界にも