テレクラは高齢化社会を歓迎します

高齢化の波がエッチ電話の世界にもやってきた!

根っからの年上好きで、自分が30代、40代になってもそれは変わることがなく来ている。必然的に30、40代の男性は40、50代の女性を好んで求める男性の間で人気だった熟女というジャンルの女性たち。ここ最近の高齢化社会はマニア向けとされていた熟女ジャンルをメジャージャンルにまで押し上げようとする男性たちが現れている。

 

高齢化の波がエッチ電話の世界にも

 

素人好きな男性が熟女に目をつけ始めた

熟女は身体は熟しているが心の中は最近の若い女の子よりの誰よりもピュアで素人感を感じることができる。20代前半の若くして主婦になった女性たちはほとんど遊ぶことなく家庭に入ったので旦那以外の男性を知らない。

 

そのまま数10年、家事や子育てで忙しかった私生活が子供の自立、夫との距離感からくる主婦の自由な時間を得るようになり、妄想の世界だけでしかなかった不倫というキーワードに興味を持ち始める、。

 

そんな主婦たちは不倫という知識を得た週刊誌に頻繁に掲載されているテレクラ・ツーショットダイヤル・テレホンセックスというコンテンツに手を出し、自分を一人の女として扱ってくれる男性にハマるのだ

 

ハマるのは主婦だけでなく男性側も同じ。遊びなれていない素人感溢れる女性を求める男性は20代の女の子にそれを求めていたが現実は違った。出会ってみたら暇なデリヘルの女だったり、場数をこなしてこなれた感じでやってくる女ばかり。「こんな女と出会うくらいなら金払って風俗いくわ!」と嘆く男性たちは気づいたのだ。若い=素人感ではないということに。

 

失敗から見出した新たな世界

若い=素人感という概念が壊れた時期と同時にやってきた高齢化社会。この高齢化という波は実は電話の出会いの世界にも押し寄せてきた。普段は20代とよく繋がった電話番号に30、40代の女性と電話が繋がるようになってきたこと、そして「人妻・熟女専門」というツーショット番組が増えてきたことだ。

 

育児、家事が一段落した主婦が不倫に走る際に真っ先に目が行く存在がテレクラ・ツーショットダイアル。理由は上記でもしたように、主婦のバイブル的存在の週刊誌による影響が大きい。

 

素人感を求めるからテレクラを利用しているという男性が多いので、この素人感を若い女性に求められないと知った男性は人妻という存在にターゲットを変更しはじめたら、意外や意外!若い子よりも素人感が満載だったという事実に気づく。

 

食事に誘ったり、会いたいと口説くたびに良いリアクションで返答してくれる新鮮さは求めていた素人感のそれそのもの。素人感のある人妻に男性が惹かれるのはこういった理由があるのだ。

 

若い男性を相手にしたい熟女が集まる

人妻・熟女系のテレクラツーショットが増えていることは週刊誌や女性誌を愛読しているマダム知っているので興味本位で利用する女性が結構電話してくる。普段の生活では出会うことのない若い男性と電話が繋がることに熟女は興奮し、この瞬間女を取り戻して遊びふけるのだ。

 

若い男性と電話で話し、出会い、セックスすることで若いときに感じたセックスの激しさ、気持ちよさ、そして男性からの優しさが蘇り、我を忘れて家庭、旦那そっちのけで乱れまくる。

 

まとめ

素人感を求める男性、年上女性を求める男性、年下男性を求める熟女、という最高のトライアングルによって人妻・熟女ツーショットダイヤルという番組は盛大に盛り上がりを見せている。今後も人妻系電話番組が盛り上がり、そして増えているのは高齢化が進む昨今では誰も食い止めることはできない。素人感を求める男性や年上女性を求める男性にとってこれ以上ない出会いの環境が今後も提供され続けることだろう。

関連ページ

ご飯のお誘いにOKが出た時の気持ち
人妻をご飯に誘ったらOKをもらった!この時の人妻の気持ちとは!?
人妻と会える時間帯を検証してみた
有名なテレクラであるリンリンハウスに書かれている「時間別、女性攻略方」を実際に検証してみた。
35歳を過ぎた女がエロくなる理由
「最近エロくなってきた気がする。」35歳を過ぎた女性からよく聞くセリフである。何故女は35を過ぎるとエロくなるのであろうか。
テレフォンセックスで会えることもある
テレフォンセックスにも人妻は沢山集まっている。そんな人妻を口説かない手はないのだ!
夫が単身赴任中の人妻が食い時
出会い方を知らない人妻が実に不憫な件
ツーショットで口説く時の心構え